古美術青華堂 京都市東山区新門前通

商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る仏教美術を見る
<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>

H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)

H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(1)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(2)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(3)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(4)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(5)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(6)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(7)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(8)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(9)
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(10)

時代は江戸時代前期頃。黒漆地に蒔絵で迦陵頻伽が描かれています。迦陵頻伽とは、上半身が人、下半身が鳥という想像上の生き物。極楽浄土に住み、その声は大変美しいと言われます。甲盛、角丸で、錫縁が施されております。古格溢れる一品です。古い紐が付いておりましたが、傷みが見られますので外しております。他、古いものですので、経年や使用による汚れやアタリ、スレキズなどございます。状態の詳細は画像にてお確かめください。時代箱に入っております。

寸法(cm):35.0×27.4×高21.2
価格:¥500,000

お問い合わせフォーム

↓左のサムネールの上にマウスをのせると、拡大画像がココに表示されます↓
H884 蒔絵・迦陵頻伽文手箱(江戸時代)(拡大)

先頭へ戻る

<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>
商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る仏教美術を見る