古美術青華堂 京都市東山区新門前通

商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る
<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>

H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆

H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(1)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(2)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(3)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(4)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(5)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(6)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(7)
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(8)

逸見東洋造の朱漆塗丸盆です。逸見東洋(弘化3・1846−大正9・1920)は備前で活躍した刀工で、廃刀令以後は彫刻、漆芸の分野で優れた作品を残し、名工として称えられました。本作品は箱書きに「唐物」とあるように、中国・宋元時代の漆器を摸したもので、器形は勿論、唐物特有の断紋に至るまで、見事に再現されております。シンプルながらも、高度な技術を窺い知ることのできる逸品です。古いものですので、経年の変化、使用によるスレキズやアタリなどございます。状態の詳細は画像にてお確かめ下さい。共箱に入っております。

寸法(cm):径22.8×高2.2
価格:お問い合わせください

お問い合わせフォーム

↓左のサムネールの上にマウスをのせると、拡大画像がココに表示されます↓
H638 逸見東洋造・朱漆塗丸盆(拡大)

先頭へ戻る

<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>
商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る