古美術青華堂 京都市東山区新門前通

商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る
<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>

H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆

H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(1)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(2)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(3)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(4)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(5)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(6)
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(7)

備前の著名な刀工・彫刻家である逸見東洋の甥で、また弟子でもある、逸見東峰造の漆塗丸盆です。見込みに象嵌で松喰鶴が表現されております。また、よく見ると、朱漆の部分に渦や年輪のような文様が現れておりますが、これは何層にも朱の漆を塗り重ねることによって生み出されたもの。非常に複雑で精緻な技巧が凝らされた逸品です。古いものですので、使用によるスレキズやアタリなどございます。状態の詳細は画像にてお確かめ下さい。共箱に入っております。

寸法(cm):径27.1×高3.4
価格:お問い合わせください

お問い合わせフォーム

↓左のサムネールの上にマウスをのせると、拡大画像がココに表示されます↓
H637 逸見東峰造・漆塗松喰鶴文丸盆(拡大)

先頭へ戻る

<< 前の商品へ前のページへ戻る次の商品へ >>
商品一覧を見る新着商品を見る漆器を見る